行者にんにくの醤油漬け

いただく

行者にんにくをいただきました
私の住む函館では「行者にんにく」と言うより、「アイヌネギ」と言うひとの方が多いと思います。
天ぷらをお塩でいただくのも美味しいですが、北海道なのでジンギスカンの野菜にそのまま加えたり、醤油に漬けたものをジンギスカンで食べたり。
行者にんにくと言われる通り、ニンニク臭が結構するので刻んで餃子のタネに混ぜ込んでみたり、冷奴に醤油漬けを刻んだものをのせて漬けた醤油をかけて食べるとか・・・
おねっちゃんちでは保存がきくというのと、ニンニク風味醤油ができるという一石二鳥を狙って醤油漬けにするのが多いです。
きれいに洗って新聞紙などに広げてしっかり水分を飛ばします。
干す
めんつゆや醤油とみりんを合わせたものに漬ける方、
生のまま漬けずに一度さっと湯がいてから醤油に漬ける方、
各家庭でいろいろな漬け方がありますが、おねっちゃんはもっぱら生をそのままで醤油のみ!
面倒くさいわけではありません(笑)
“シンプル” イズ ”ベスト” です☆
漬けた醤油を使いまわしたいので、その用途に合わせて後から甘さをたしたいというのもありますが。
というか、甘めがどうも苦手なので甘さをおさえているというのが本当の理由ですかね。
つける
なので、レシピというレシピはないんですよね(汗)
アイヌネギがかぶるまで醤油を入れる。終わり。
1週間目くらいから食べれるかな・・・
3日目くらいでも食べれない事はないけど、辛さが前面に出てくると思います。
ちょっと千切って食べてみるのが一番いいですね。

★・・・・・・・★・・・・・・・・★・・・・・・・★・・・・・・・★

ランキングに参加しています!
応援してくれると嬉しいです☆

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ

★・・・・・・・★・・・・・・・・★・・・・・・・★・・・・・・・★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です